日本伝統文様シリーズ

日本伝統文様は、日本で古くから伝わる模様の総称で、図形や線の幾何学模様を組み合わせたり、自然からかたどった模様や、海外から伝わった模様を日本独自のアレンジされて、縁起をかついだり、幸せへの願いを込めたりして使われてきました。
弊社の、日本伝統文様シリーズは大き目の文様から、金ラメを使用した柄を展開しているのでいろんな用途に幅広く使用出来きます。


 (麻 葉) 麻葉文様とは、大麻の葉をあしらった図柄。日本の伝統的な文様。基本的な形は正六角形で幾何学的な形である。麻の丈夫さ・成長の早さにあやかって子どもの健やかな成長を願い、出産祝いやお守りに合う柄。

(市 松) 市松文様とは、格子模様の一種で、二色の正方形を交互に配した模様。市松文様は上下左右にどこまでも途切れることなく繋がっていく柄であることから、 子孫繁栄や事業拡大など縁起の良い柄。

(唐 草) 唐草文様とは、葉や茎、または蔓植物が伸びたり絡んだりした形を図案化した植物文様の、日本での呼称。強い生命力や繁栄を象徴します。一家の繁栄祈願、結婚祝いに取り入れたり、快気祝い柄。

(子持吉原)子持吉原文様とは、四角形の四隅をくぼませた形を繋ぎ合わせて縞にした模様です。 鎖の連続文様。人と人を結ぶ“良縁”を意味し人間関係を豊かにすることから絆を表現してます。

(紗綾形) 紗綾形文様とは、中国の明から日本へ輸入された紗綾(さや)という絹織物に使われた文様です。無限の意味を持つ「卍」がどこまでも繋がる連続紋であることから、家の繁栄祈願や長寿祈願柄。

(青海波) 青海波文様は、半円形を三重に重ね、波のように反復させたもの。無限に広がる波の文様に未来永劫へと続く幸せへの願いが込められた柄です。

  

  (矢 絣) 矢絣文様とは、矢羽を図案化した文様のこと。矢飛白とも書く。一度飛んでいけば戻ってこない矢の羽根をモチーフで、「嫁入り道具に矢絣の着物を持たせると出戻ってこない」と言われた縁起柄。